「ダラス讃歌」世界初演


 日時:平成19年(2007)10月6日
 場所:東京第一ホテル米沢
 演奏者:ソプラノ 金子惠子
     ピアノ  奥山李佳

 ○作詞者 成澤礼夫
 昭和33年、鶴岡市生まれ。山形県立鶴岡工業高校
 電子科、関東学院大学工学部電気工学科電子コース
 卒。昭和55年4月、日立米沢電子株式会社入社。
 平成8年9月同社退社。同年10月、株式会社置賜
 日報社(米沢日報デジタル)代表取締役。現在に至
 る。現在、米沢ダラス協会事務局。

 ○作曲者 奥山李佳
 東京都立芸術高等学校、東京音楽大学卒業。ピアノ
 を手塚真人、田辺融、柏木雅子、辛島輝治、中西誠、
 ジャズピアノを田中裕士の各氏に師事。ジュニアピ
 アノフェスティバル東北大会金賞受賞。シンガポー
 ルにて行われたヤマハジュニアオリジナルコンサー
 トアジア・オセアニア大会に出演。日本クラシック
 音楽コンクール全国大会入選。日本アンサンブルコ
 ンクール弦楽デュオの部優秀演奏者賞受賞、同受賞
 者演奏会に出演。高畠町文化ホール「まほら」にて
 姉妹二人による演奏会を行った。現在、東京にて後
 進の指導にあたる他、イベント・パーティーなどに
 演奏活動を行っている。

 ○ソプラノ 金子惠子
 米沢市出身、在住。山形県立米沢東高等学校で合唱
 とオーケストラを学び、片桐力先生に指導を受ける
 。現在は米沢混声合唱団代表、女性合唱「シャンテ
 ・ソレイユ」、子ども育成会「ポプラ・フレンド」
 で子供達に歌と手話コーラスを指導。米沢東高修誠
 同窓会南部支部総会などでソロコンサート。



ダラス讃歌


       作詞 成澤礼夫 
         作曲 奥山李佳 



ロンドンに生を受け

大志を抱くイギリス青年が

幕末維新の日本にやってきた

その名はダラス

縁あって米沢へ

興譲館で洋学を教えて

誠実さと巧みな米沢弁で

まちの人々に愛された

三年半の任期を終えて

牛を引き横浜へ

友人に振舞った

その柔らかな霜降りの牛肉が

最高の美味と好評で

米沢牛の名声は轟く

ダラスの先見性

コックの萬吉に開かせた店は 

米沢牛鍋の事始め

今 米沢牛は日本の

四大牛の一つとなり

誇りを持って人は牛を育てる

(間奏)

(※)あなたが残した

偉大なご功績を

決して忘れません

あなたは米沢牛の恩人なり

チャールズ・ヘンリー・

ダラスの御名を讃えます

(※)くり返し

美味しさとロマンを

与えて下さったあなたは

米沢牛を作る人たちの

あこがれと誇りの人