ダラスの出生年月日が判明

 平成19年11月、米沢ダラス協会の尾崎会長から調査依頼されたリチャード・ウィリアム・ジョルダン、諏訪洋子御夫妻は英国の総合登録事務所から公式なダラスの出生証明書を入手し、平成20年1月26日に米沢ダラス協会関係者に手渡した。

 それによれば、ダラスは英国サリー郡ノーウッド町クラウンレーンに1842年1月20日に生まれた。現在のロンドン市ランベス区ノーウッド町クラウンレーンで、ロンドン市中心部から南方に位置する場所にある閑静な住宅街にある。

 出生証明書には、父親の職業は貿易商人、出生届は母親がダラス誕生の1か月後に提出したとあり、ダラスの誕生年に関してはこれまで、1841、1842、1843と諸説があったがこれで決着がついた。

(米沢日報 平成21年1月1日 P4から)


ダラスの生誕地を訪ねて

(英国ロンドン市ランベス区ノーウッド町クラウンレーン通り)
写真提供:リチャード・ウィリアム・ジョルダン・諏訪洋子夫妻
=平成20年8月

クラウンレーン通り

クラウンレーンの標識

ノーウッド区役所

ノーウッド区図書館(資料館)

クラウンレーン通りにある最も大きく、古い屋敷

クラウンレーン通りに一番近い墓地


クラウンレーン通りにある一番近い教会