米沢ダラス協会会則

第1条(名称) この会は「米沢ダラス協会」する。
英語名は「Yonezawa Dallas Association」とする。

第2条(事務局)

この会の事務局を米沢市万世町片子5379−15(株)米沢食肉公社に置く。
第3条(目的) この会の目的は、次の通りとする。
(1)米沢牛が全国的に広く知られるきっかけを作ったチャールズ・ヘンリー・ダラスを顕彰する。
(2)米沢市松が岬第二公園内に建立されたダラス顕彰碑の清掃奉仕にあたる。
(3)チャールズ・ヘンリー・ダラス及び米沢牛に関連する研究を行い、その史料の収集、保管、出版、広報活動及び付帯する活動を行う。
 また、ダラスの肖像権は、協会に帰属し、その管理を行う。
(4)米沢牛関連の商品企画・販売を促進する活動に取り組む。
(5)ダラス及び米沢牛に関する常設資料展示室の整備を推進する。
(6)上記の(1)から(5)を通じて、米沢及び置賜地域の産業、観光の発展に資する。
第4条(会員の構成) 会員は、この会の趣旨に賛同する者とし、入会及び退会はいつでも可能とする。
第5条(役員) この会に次の役員を置く。
会長1名、副会長3名以内、理事10名以内、事務局(兼会計)2名以内、監事2名以内を以て理事会を構成する。なお、任期は2ケ年とする。
第6条(運営) この会の運営は、次の通りとする。
(1)役員をもって理事会を構成し、当該年度の活動計画と予算を決定する。
(2)この会の運営は役員会に一任し、会長が必要と認めたとき、または役員より申し出があった場合には、役員会を適宜開催する。
(3)年に一回、定時総会を開催する。
(4)会議は過半数以上の出席及び委任状をもって成立する。
(5)会議での議決は出席者の過半数以上の賛成を必要とする。
第7条(会費) 会費は年会費とし、個人の場合は3,000円、法人の場合は10,000円とする。
第8条(会計年度) この会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日迄とする。

附則/この会則は、平成19年10月23日より施行する。
 改訂1/この会則は、平成29年11月22日より施行する。

米沢ダラス協会役員名簿

会 長
株式会社米沢食肉公社 相談役 尾﨑世一
副会長

JA山形おきたま 代表理事組合長 木村敏和
県南家畜商組合 理事長 佐藤秀彌
株式会社米沢食肉公社 代表取締役 日下部道雄

理事

米沢市 産業部長 渡部洋己
JA山形おきたま 米沢牛振興部会 部会長 松木和夫
米沢牛購買者会 会長 安藤亨一
米沢牛のれん会 会長 尾﨑 仁
米沢商工会議所 会頭 吉野 徹
米沢観光コンベンション協会 会長 小嶋彌左衛門
株式会社田中屋 代表取締役 田中 清
米沢食肉組合 組合長 坂野和弘

監 事
米沢牛銘柄推進協議会 事務局長 小笠原吉広
事務局





株式会社米沢食肉公社 総括審査役 細谷良一
株式会社置賜日報社  代表取締役 成澤礼夫

           〒992−1125
           (株)米沢食肉公社内
           TEL 0238(22)0025
           FAX 0238(24)5561

(平成29年11月22日現在)