newtitle
バナー広告1
▲トップページへ戻る

食材「トウモロコシ」の知られざる働きとそのレシピ

寄稿者略歴

suzuki 鈴木寿美子(すずきすみこ)
 米沢市生まれ。全日本薬膳食医情報協会認定薬膳アドバイザー。 釜山大学校韓医科学研究所健康文化研究センター主催東医宝鑑ア カデミー ティーセラピー専科3期卒業。韓方茶セラピスト。
 米沢市在住。


 
 夏になると良く飲む飲み物と言えば、「麦茶」。麦は寒冷性の食物で、体を冷やしてくれる食材。昔の人は凄いですね。そのことを知っていたのかは分かりませんが、確かに、麦茶を飲むと汗が引くような気がします。
 韓国でも、日本の麦茶のように日頃からよく飲まれるトウモロコシで作る「옥수수차(オクススチャ)」があります。「オクスス」はトウモロコシの意味で、「チャ」は「茶」の意味。この「オクススチャ」には、利尿作用があり、ビタミンEや食物繊維も豊富なため乾燥肌やシミ・ソバカスにもよく、胃腸の働きを活発にして消化にも良いことから、ティーパックやペットボトル飲料等で市販されている、人気のあるお茶です。日本でも、数年前に美容やダイエットに良いとしてブームになったこともあります。
(写真右=採れたてのとうもろこしとヤングコーン)

 このオクススチャ(とうもろこし茶)には、トウモロコシを乾燥させ、炒って煮出す「옥수수차(オクススチャ)」と、トウモロコシの髭を煮出して作る「옥수수염차(オクススヨムチャ)(トウモロコシの髭根茶)」があり、簡単に作れることから家庭でも作られている韓国の代表的な伝統茶でもあります。
 日本でトウモロコシと言えば、「夏が旬の黄色く甘い栄養たっぷりの実」を私たちは食しますが、韓国では、皮と一緒に捨ててしまっている「髭」もお茶として使用しています。実は、この「髭」にも栄養がたっぷり含まれており、「南蛮毛(なんばんげ)」又は「玉米髭(ぎょくべいじゅ)」と呼ばれる生薬として漢方薬にも使われているのです。もちろん、食べることもできますし、髭と一緒に皮もお茶にすることができるため、トウモロコシは、捨てるところが一つもない食材なのです。
 先日、某公民館で韓国文化交流会主催の「옥수수차(オクススチャ)作りと韓国料理教室」が行われ、「옥수수차(オクススチャ)作り」を担当させて頂きました。急な募集にも関わらず、十数名の方に参加頂き、乾燥したトウモロコシや髭を実際に炒ってオクススチャを作り、作ったお茶をその場で味わって頂きました。
corn トウモロコシを炒ると「パンパン」とポッポコーンのように弾け、弾ける音が楽しく、また、炒ると甘く香ばしくなり、おつまみやおやつとしても食べることが出来る為、参加された小さなお子さんにも大好評でした。炒ったトウモロコシと髭を急須に小さじ1杯分入れてお湯を注ぎ5分ほどすると「オクススチャ(とうもろこし茶)」になります。
(写真左=剥いたコーンを炒って瓶に保管)

また、髭や皮はお浸しやみそ汁の具にもなり、ヤングコーンから髭を取れば、トウモロコシの芯も茹でて食べることが出来きます。ヤングコーンの芯は筍のような味がします。私も下準備をしていた際に出た芯を茹でてサラダに入れて食べたり、髭や皮は味噌汁にして食べました。ただ、皮は繊維質が多いので、味出しに使った方が良いと思います。(写真右下=オクススチャ)

corn-1 食料自給率が40%という日本ですが、メディアでは多くの食品が捨てられているという「食品ロス」の問題が取り上げられています。世界に「勿体ない文化」を発信している日本ですから、少しでも「食品ロス」を減らす努力が求められています。今回の「トウモロコシの髭や皮」のように、多くの方が食べ方を知らないだけで、本来食べられる部分を捨てていたり、捨てていた部分が食薬にもなることがあります。参加した方も髭や皮が食べられると知り、「今晩早速、夕食に作ってみます。」と、未知なるレシピに目を輝かせていました。
 今回の講座を通し、私も今まで捨てていた部分を食材にし、少しでも「食品ロス」を減らすための食べ方の提案という新たな課題を見つけることが出来ました。これからも、皆さんが快適に健康に過ごすためのお役に立ちたいと思います。
 まだまだ、蒸し暑い日が続きます。特に私たちが住む日本は島国で湿度が高い為、私たちの体の中でも同じように湿気が溜まりやすく、体内の水分が排出されにくい環境だと言われています。この体内の水(津液)が必要以上に溜まってしまい、「湿」が多い状態になると、「気」や「血」の循環を妨げることになり、気・血・水のバランスが崩れてしまいます。
 夏は特に、「脾・胃(ひ・い)」(胃腸)の働きが弱まり、水の巡りが滞りやすくなるため、下半身の重怠さ、倦怠感、浮腫み、胃腸の不快感、頭痛や関節痛など、「バランスを崩していますよ。」という、心や体から不調のサインが現れます。
 今回紹介した「トウモロコシ」には、利尿作用があり、「湿」を除く働きがあります。また、トウモロコシの実は「脾・胃」を、髭には「腎・肝」を助ける働きがあります。トウモロコシを食べてデトックス(体内浄化)を行うなど、「湿」を溜め込まないように健康に心掛けましょう。

(2019年8月7日19:15配信)