hptitle01

米沢青年会議所第51代 理事長 満田隆之氏


 米沢青年会議所(以下米沢JC)の第51代理事長(2012年度)に就任した満田隆之氏に、理事長としての抱負や活動の現状、方向性について伺った。

ーここ数年、米沢JCは公益社団法人取得に取り組んで来られました。

満田氏 お陰様で2011年3月1日、社団法人から公益社団法人へ県内のJCとしては初めての移行を遂げました。全国700余りのJCの中でも18番目でした。公益社団法人へ移行したことで、「公益」という高い理念を社会に掲げました。2012年は公益社団法人移行2年目としての礎を築いて行く年です。そうした理念を数々の事業や活動の中で示しながら、より多くの市民から認知され、理解され、我々会員とともに共感して頂ける事業を展開していくことが公益社団法人としての使命です。

ーJC会員は職業人であり、各自の仕事とJC活動の兼ね合いが難しい面もおありかと思いますが。

満田氏 会員はそれぞれの生活や仕事をしながらJC活動を行っています。生活や仕事があってこそ、JC活動はあります。ただ、多忙な中でもうまく時間を作りながら、可能な限りJC活動に取り組んで欲しいと思っていますし、私自身もそうありたいです。一生懸命に取り組んだ会員こそが味わえる「感動や達成感」 が必ずそこにはあります。

 2012年の年初は72名の会員でスタートしました。JC活動を理解頂きながら、組織の活性化を図る上で積極的な会員の勧誘を行っていきたいです。
ー2012年、満田理事長はどのような活動スローガンを掲げ、理事長としての抱負をお持ちですか。

満田氏 「Half Century Plus One 踏み出そう 未来を創る 新たな一歩〜Create Positive Change!〜」と致しました。

 昨年、米沢JCは創立50年を迎えましたが、この歴史と誇りを胸に会員一人ひとりの心と力を合わせて、未来を創る新たな一歩を踏み出して行ければと思います。「私たちJCは何を目指す団体なのか」と聞かれますが、先輩から教えて頂いたことの一つに、「変革の能動者たれ!」 という言葉があります。明るく豊かな社会創造の為に、その時代に求められているものを追求し、社会や市民を対象に運動を展開して行くのがJCです。

ー東日本大震災の支援活動では、米沢JCが大きな働きをされました。

満田氏 昨年3月11日、千年に一度という大震災が東北の地で発生しました。震災直後の3、4月中、私は山形ブロック協議会の災害支援担当委員長という役職にあり、可能な限り山形県庁の災害ボランティア支援本部に詰めました。そんな中、福島原発の建屋が水素爆発により崩壊して、その夜、福島県からは米沢市に多くの人たちが避難してきました。

 米沢JC会員は避難された方のための毛布を集め、避難所に充てられた米沢市営体育館では炊き出し等を率先して行いました。何一つマニュアルのない中で、会員は「今自分にできることは何か」を模索しながらの行動だったと思います。

ー米沢市民へのメッセージは。

満田氏 いつの時代でも問題は起こり決して尽きることはありません。それを解決し乗り越えて行くためには「人の力」が必要です。米沢JCは力を結集し、日本や地域の未来へと繋げていきたいと切に願っております。

みつたたかゆき
 昭和47年、福島県会喜多方市生まれ。福島県立会津高校、長崎大学歯学部卒業。東北大学歯学部大学院に学び、同大学付属病院に勤務。山形大学医学部付属病院勤務を経て、平成16年7月、米沢市万世町に「万世歯科クリニック」を開業。平成20年、米沢青年会議所入会。平成24年1月より現職。