newtitle

          文芸サロン

卯月定例句会
               米沢俳句会

yone18-04


継ぎ継ぎて一目千本桜かな       石口達郎
九十九折に踏み出す一歩春の雪     磯部知子
先駆けて小庭彩る黄水仙        伊藤 勉
二度跳ねて天麩羅にされ桜蝦      小川孝子
こんこんと眠るか湧くか春山路     神原省治
春田打ち日差しやわらぐ昼下り     木村正子
接木終ゆこれより後は神頼み      佐々木昭
天気図に逆らふみちのく花の冷え    佐々木泰子
啓蟄を遅しと動く虫のあり       佐々木清子
白梅のほのかに青く潤みをり      佐藤和雄
襟元を少しゆるめる春の風       佐藤君子
一年生友だち百人いつの事       高橋寿子
はよはよと桜さっさとさき進め     田中寛子
春になり嚏(くさめ)する人彼方此方で 足沢 聡
芽吹雨一雨ごとに音残し        永井しげ子
遥かなり野山遊びの花粉症       濱田洋子
卒業生共存展望合唱す         原田芦雪
花冷えや身体を惜しみ慰める      渡部美知子

平成30年(2018)4月20日 (於)招湯苑

(2018年4月26日16:30配信)