newtitle

          文芸サロン

水無月句会
               米沢俳句会



期せずして子熊と出会う初夏の朝    石口達郎
針休め指に冠せし柿の花        磯部知子
雪形に藩祖を偲ぶ城下町        伊藤 勉
ニャアニャアと野良の三匹夕餉夏    小川孝子
草抜きし手先の汚れ落ちぬ暮れ     神原省治
古里に広がる明度柿若葉        木村正子
農学校接木でうから増やしをり     佐々木昭
そよ風や鷺草巽(たつみ)へ翔ぶ構え  佐々木泰子
楤(たら)の芽を噛めば拡がる野の息吹 佐々木清子
鳥の声たちまち明ける夏の朝      佐藤和雄
そよ風や駆ける子供の夏帽子      佐藤君子
水芭蕉咲きつぎ守る平家村       高橋寿子
紫陽花のいろ柔かに揺れており     田中寛子
梅雨前に季節外れの雲の峰       足沢 聡
ゆるやかな風に色あり渓青葉      永井しげ子
更衣心も軽く風を切る         浜田洋子
造化力不思議浅蜊の貝模様       原田芦雪
川下り初夏の香りに包まれて      山口雀昭
梅もげば母の思い出半夏生       渡部美知子

(2018年6月18日09:30配信)