newtitle

          文芸サロン


2018-11

霜月定例俳句会  米沢俳句会

山路きてつい手折りし桔梗かな  石口達郎
秋時雨べそかき乍ら下校の児   磯部知子
名園の松も腹巻冬近し      伊藤 勉
秋映てふ林檎おいしや恋ほのか  小川孝子
火を落し急ぐ寝床の冷まじや   神原省治
古民家やたわわになりし熟し柿  木村正子
静中に動ある二天枯蟷螂     佐々木昭
障子貼り指の影絵をさがまるる  佐々木泰子
乱れては又整然と鳥渡る     佐々木清子
雪降るを待つ人もある浮世かな  佐藤和雄
日差し浴み輝く畦の草紅葉    佐藤君子
晩秋のもやの中行く最上川    高橋寿子
小春日やもう一息とひとやすみ  田中寛子
稔る実の果実酒造る楽しさよ   足澤 聡
秋寒し友編む温もり伝う朝    濱田洋子
魅力的美貌なるのは毒茸     原田芦雪
爺ちゃんが夜なべする日は藁仕事 山口雀昭
長き夜や友との語り限りなく   渡部美知子

(2018年11月22日14:50配信)

  2018年11月17日(土)
       (於)米沢市西部コミュニティセンター

(2018年11月22日14:50配信)