newtitle

          文芸サロン

睦月句会
                 米沢俳句会

yonezwahaikukai01

改元や元旦晴れて風もなし     石口達郎
ひき篭り雪と対話の小半日     磯部知子
ともすれば癌とも聞こゆ除夜の鐘  伊藤 勉
覚悟して冬帝を待つ日々静か    小川孝子
部屋ごとの表をめくる初暦     神原省治
深雪晴れ駅伝アンカー駆け抜ける  木村正子
雪女湯けむりと来て袖掴む     佐々木昭
初笑ひ初泣き嬰の独演会      佐々木泰子
宴の席程よく酔ふも初句会     佐々木清子
寄せ鍋の寒鱈目玉頬張りぬ     佐藤和雄
初日の出感謝を込めて手を合わす  佐藤君子
天つ風光連れきて寒尽きる     高橋寿子
お手軽な湯よりも敢えて寒の水   田中寛子
年の暮どかどか降って根雪かな   足沢 聡
うらやまし座敷の賑わい女正月   浜田洋子
初日の出米寿老驥(き)の志    原田芦雪
煤(すす)逃げの筈が買物頼まれし 山口雀昭
想う顔年に一度の賀正書く     渡部美知子

(2019年1月25日15:35配信)