newtitle
バナー広告1
▲トップページへ戻る

          文芸サロン

皐月句会
                 米沢俳句会

yone2019-05

七十路の心も浮くや木の芽時    石口達郎
斜平山なでこけの跡黒々と     磯部知子
仁王門しだれ桜も花は葉に     伊藤 勉
玩具めく地球は花の中にあり    小川孝子
葉桜や畠面の緑ふくらみて     神原省治
つばくらめビルの谷間を低く飛ぶ  木村正子
笑ふ山繋ぎ越えゆく送電線     佐々木昭
笹舟を浮かべる園児夏来たる    佐々木泰子
戸締り要らぬ暮しや過疎薄暑    佐々木清子
代掻くや映る影をも濁らする    佐藤和雄
薫風や頬にやさしき畑仕事     佐藤君子
更衣タンスに白の多くあり     田中寛子
葉桜の目には優しき青さかな    足澤 聡
クッションを替へて装ほふ初夏の彩 富川静枝
母子草小径にそっと笑みており   永井しげ子
草餅や心の中の母の味       濱田洋子
種蒔きし地力と造化百花個個    原田芦雪
風薫る「令和」を迎へ孫二十歳   山口雀昭
老い入れや先を気遣ふ花の雨    渡部美智子

  2019年5月18日(金)
         於:米沢市西部コミュニティセンター


(2019年5月28日17:20配信)