newtitle
バナー広告1
▲トップページへ戻る

          文芸サロン

水無月句会
                 米沢俳句会

yone19-06


苟薬や鄙(ひな)の神社の名を立てり  石口達郎
角砂糖溶けぬコーヒー菜種梅雨     磯部知子
近寄れば櫟(くぬぎ)若葉のかしましく 伊藤 勉
雨燕子育て最中の超特急        小川孝子
耕蓮の農婦も衣更えにけり       神原省治
よろず屋に色とりどりや種袋      木村正子
人違ひされて会釈の夏帽子       佐々木昭
効くと言ふもの皆試し梅雨に病む    佐々木清子
樟脳の匂いまとえる更衣        佐藤和雄
庭に咲くバラ一輪へ蝶の舞       佐藤君子
矢の如き光陰いつしか夏来たる     足澤 聡
山頂を目指すリフトや沓手鳥      富川静枝
山藤の道に還らぬ日を思う       永井しげ子
「令和」明け暦待てずに更衣      濱田洋子
山裾へ盆地を渡る青田風        原田芦雪
片蔭や孫の歩幅と共にゆく       山口雀昭
月代り新緑モードの大けやき      渡部美知子

 2019年6月15日(土)
      於:米沢市西部コミュニティセンター

(2019年6月26日10:50配信)