newtitle
バナー広告1
▲トップページへ戻る

          文芸サロン

文月句会
                 米沢俳句会

201907


姫源氏平家蛍の小野の里      石口達郎
辞書重ね枕となせる昼寝かな    磯部知子
陽を浴びていよよ真白き立葵    伊藤 勉
狭庭にも遠慮がちなる葉鶏頭    小川孝子
並ぶ茄子柑に濃淡ありにけり    神原省治
長電話氷がとけしアイスティー   木村正子
今年竹切らば出るかも香具也姫   佐々木昭
梅雨寒や地震の倒せし墓の数    佐々木清子
蒼くさし雨の夕べの栗の花     佐藤和雄
梅雨寒やひと日テレビの農休日   佐藤君子
梅雨寒や晴天からりの日を望む   足澤 聡
母宛の封書の投函夏夕べ      富川静枝
しゃぼん玉子等の行く道ふくらませ 永井しげ子
青蔦や電柱覆い空に伸ぶ      濱田洋子
会津富士緑樹湖沼の息遣ひ     原田芦雪
米織の甚平まとい転寝す      山口雀昭
山裾の寺に佇む半夏生       渡部美知子

 2019年7月20日(土)
    於:米沢市西部コミュニティセンター

(2019年7月21日17:45配信)