newtitle
バナー広告1


竹田 歴史講座


▲トップページへ戻る

          文芸サロン

師走句会
               米沢俳句会


yone-12


おちこちにざらざらざらんと子守柿 石口達郎
数へ日や読み返へしてる喪の知らせ 磯部知子
日の射して小庭楽しや実南天    伊藤 勉
火渡りの神仏の加護面皮剥ぐ    小川孝子
冬の薔薇こずえに蕾二つ三つ    神原省治
横文字の表札の下冬の蝶      木村正子
大八州音色多様に除夜の鐘     佐々木昭
行く年や古里遠くなるばかり    佐々木清子
老いの身の薬それぞれそぞろ寒   佐藤和雄
雲流る水面に映ゆる冬もみじ    佐藤君子
初雪やゆき交ふ人の白い息     足沢 聡
名君の質素を伝う根深汁      富川静枝
駆ける子の挨拶清し今朝の冬    永井しげ子
掃き集め焚火の風情死語となり   濱田洋子
冬帽子立てり神木の樅双樹     原田芦雪
渋柿も手を加えれば甘くなり    山口雀昭
歳重ねせわしを同じ年の暮     渡部美知子


2019年(令和元)12月14日(土)
    於:米沢市西部コミュニティセンター

(2019年12月27日10:30配信)