newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

          文芸サロン

賦初何連歌
          世吉 みちのく連歌会

mi-1

〈初折表〉
なつかしき人寄り集ふ春日和   讓
心はひとつみちのく遍路     昭
行き行きて見知らぬ駅は陽炎ひて 加津
風はこび来る遠き日のこと    ひろ子
初紅葉通ひなれたる学び舎に   善照
子ら駆け回る爽やかな声     つとむ
芭蕉にも見せばや今日の出羽の月 昭
見渡すかぎり山彩られ      讓

mi-2

〈初折裏〉
青き海目の下に置き雁渡る    ひろ子
物語よみひそと過ごせり     加津
罪深き誰も知らない恋のあり   つとむ
いつか心もうつろへる夜     善照
業平も小町もやがて老いぬべし  讓
夢また夢を歌に託して      昭
万緑の中に漕ぎ入る舟は来ず   加津
火照りの街を洗ふ夕立      ひろ子
夏まつり月に轟く笛太鼓     善照
旅行く人も裾をからげて     つとむ
山峡の紙漉の里水温む      昭
たどる野道は霞にまぎれ     讓
日陰りて君見失ふ花万朶     ひろ子
さまようてゐる思ひ出のなか   加津

mi-3

〈名残折表〉
三密を避けて家居の人となり   つとむ
ファックス連歌を楽しみにして  善照
顔合はせ酒汲み交す時来たれ   讓
雪のじょんがら撥叩くごと    昭
世の憂ひ吹き払はるる春近し   加津
下駄裏返し明日を占ふ      ひろ子
軒近く蛍飛び交ふ影見えて    善照
しばし止まる烏鷺の争ひ     つとむ
苦と楽と縄綯ふ如き浮世かな   昭
末は等しく浄土の台       讓
小さき子の傘歩くかに秋の雨   ひろ子
七夕の宵逢瀬もありや      加津
有明の月を眺めて別れゆく    つとむ
色付く山の道幽かなり      善照

mi-4

〈名残折裏〉
日を重ねいつかほころぶ旅衣   讓
石を枕に川辺に宿る       昭
墨すりて古き歌など書きつらね  加津
茶筌にからむうすみどりいろ   ひろ子
鶯の音に誘はれて庭先へ     善照
水琴窟のひびき長閑に      つとむ
行く道はどこもかしこも花ざかり 加津
和の広がりてまほろばの里    ひろ子

     発句 令和二年五月 八日
     満尾 令和二年七月十三日

〈句挙〉
高野 讓 七  竹田ひろ子 八
佐々木昭 七  天竺 善照 七
降旗加津 八  金子つとむ 七

(2020年7月17日15:30配信)