newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

          文芸サロン

皐月(さつき)句会
             米沢俳句会

熱湯の那須の鹿の湯雷神碑        石口達郎
山間(やまあい)を夜通し巡るはたた神  磯部知子
思いきり植田に活をはたた神       伊藤 勉
はたた神はたけ耕す天の鍬        小川孝子
はたた神人智及ばぬ天を駆け       神原省治
突然の一人の留守居はたた神       木村正子
風神へ阿吽(あうん)の太鼓はたた神   佐々木昭
はたた神一喝夕餉静まれり        佐々木清子
雷神の出番と紛ふ砲術隊         佐藤和雄
突然に帽子飛ばさるはたた神       佐藤君子
はたた神湧きて踊るは夢の中       足澤 聡
地下街を抜けて西口はたた神       富川静枝
はたた神去りて夕日の美しや       永井しげ子
散歩なか帰宅を急かすはたた神      濱田洋子
不義理をば重ねし老いを日雷       原田芦雪
はたた神ママに抱きつく幼なき児     山口雀昭
はたた神紋帳で震えし幼なき日      渡部美智子

 ※霹靂神(はたたがみ)=激しい雷のこと。

令和2年5月16日(土) 出稿まとめ

(2020年5月16日17:40配信)