newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

          文芸サロン

文月句会
             米沢俳句会

2020-07

百合園を共に愛でし日四年過ぐ        石口達郎
藻の花も添えて夜店の金魚売         磯部知子
着く先を決めずさ迷う葛のつる        伊藤 勉
「雪の下」小人が点す祭の灯         小川孝子
焼石に水の如しや草むしる          神原省治
久々に句会始まる梅雨晴れ間         木村正子
古里はシャガールの空蛍舞ふ         佐々木昭
久に着し藍の浴衣の風を着る         佐々木清子
紫陽花や重たき雨に晴れを待つ        佐藤和雄
亡母想う庭を彩どる百合の花         佐藤君子
夏服の眩しく映える曇り空          足澤 聡
夜濯(すすぎ)や静まる街に星の綺羅(きら) 富川静枝
月見草これからずっと待ちぼうけ       永井しげ子
みはるかす青田の波や風の音         濱田洋子
雀来て遠く遠くへ飛行法           原田芦雪
朝陽受け夕日を受ける立葵          山口雀昭
葦そよぐ川辺に映ゆる夏夕日         渡部美知子

(2020年7月22日14:45配信)