hptitle01

          文芸サロン

山形県高畠町
亀岡文殊堂 奉納連歌
平成二十七年八月二十一日起首
      十月七日  満尾
      十月八日  奉納式

賦御何連歌

初折表
 一 菊の酒汲むや今宵の歌筵       譲
 二 ぬばたまの夜ちちろ虫鳴く      加 津
 三 小面の褪せし口紅月浴びて      昭
 四 秋の調べを軽やかに舞ふ       泰 子
 五 学舎の友健やかに老ゆるらむ     ひろ子
 六 日毎鍛へしあと見せてをり      東 市
 七 晴着きて凛々しき顔の祭笛      加 津
 八 囃されながら目だけ応へる      昭

初折裏
 一 里帰りしばし見ぬ間に育ちをり    つとむ
 二 柱の傷と机の傷と          泰 子
 三 夢に逢ふちちははの声若かり     ひろ子
 四 覚むる枕に木枯らしの音       譲
 五 旅終へし産土神の山眠る       昭
 六 いかに在すや面影の人        つとむ
 七 吹く風に君を慕ひて遠き日々     東 市
 八 想ひ乱れし別れの季節        泰 子
 九 出る船の汽笛に耳を押へたる     譲
 十 水脈に砕けし春の夕焼        ひろ子
十一 のどかにもなりつる空に三日の月   善 照
十二 なつかしき郷陽炎の道        加 津
十三 花満ちていつか散りぬる秘めてをり  昭
十四 友と見上ぐる見晴らしの丘      つとむ

名残折表
 一 雲を脱ぐ吾妻待つ間の峠茶屋     泰 子
 二 長命の水あふれてをりぬ       ひろ子
 三 郭公の谺ゆき交ふ始発駅       昭
 四 でんでん虫も角を出したる      加 津       
 五 それなりに夢ありし日や古日記    泰 子
 六 今は恨めし鬢の白さよ        譲
 七 縄文の血をうけつぎて雪の村     つとむ
 八 人それぞれの除夜の鐘聞く      昭
 九 追ふごとく追はるるごとく刻の過ぐ  ひろ子
 十 イーハトーブの旅を続けて      加 津
十一 煙吐く列車の窓に星流れ       譲
十二 大臣は誰と月に問はばや       裕 雄
十三 新しき政治いろどる秋の風      東 市
十四 声なき声の刈田に溢る        ひろ子

名残折裏
 一 手をつなぐ人々の輪の広がりて    譲
 二 見渡す山は緑したたる        東 市
 三 まほろばの空がふるさと燕の子    泰 子
 四 知りたく思ふ烏のことばを      昭
 五 聞き耳の昔語りをなつかしみ     裕 雄
 六 瑞穂の国も芽吹き初めしか      ひろ子
 七 をちこちの人集ふいま花ざかり    加 津
 八 宴の庭にうぐひすの声        つとむ

句挙
 高野 譲   六
 降幡加津   六
 佐々木 昭  七
 佐々木泰子  四
 竹田ひろ子  七
 吉田東市   四
 金子つとむ  五
 天笠善照   一
 鶴﨑裕雄   二

(2015年10月19日15:50配信、16:35最終版配信)