hptitle01

         文芸サロン

平成二十七年二月例歌会詠草
          川西町短歌会

と き 二月十五日(日)午前十時より
ところ 川西町中央公民館

初雪の大雪を見しこの冬は大雪予報当たらず善き冬    金子秀松

寒月夜逝きし夫の大好きな万年青をそっと暖かい部屋に  寒河江みち子

小さくも瑞穂農業守る為研修会場へ我は急ぎぬ      島貫 勇

若かりし父に教わり北極星今宵眩しく瞬き止まず     前柳長栄

四十年開基の職を守りたる正吾さん逝く雪の師走に    山口三郎

この年も娘が買ってきてくれた恵方向きつつ丸かじりたり 鈴木 弘

中東の人命けはし応酬の言葉あげつらふ国のうちにも   舩山達郎

立春を過ぎて降り来し牡丹雪吹雪となりてひと夜荒れたり 佐藤壽雄

年金の年額充てし除雪機に又助けられ立春迎う      高橋政治

吹雪去り雪見窓上げながむれば雪の壁のみ迫りくるなり  島貫光子

自らの共同墓地へ立ち寄りし弟夫妻の饒舌を聞く     寒河江巌

屋根の雪落した中庭うず高し花咲く時節はいつと待たるる 大滝栄三

平成二十六年度NHK全国短歌大会・入選歌

子や孫に農継がせずときめてより六代使いし稲倉解ごす
                    鈴木 広
生卵黄身が消えるまで混ぜ込んでケーキ作りのドレミ始まる
                    前柳長栄
イザベラバードの鐘の音響く駅東ホームに憩ひ鐘撞きて見る   
                    山口三郎