hptitle01

         文芸サロン

孟宗おきたま俳句会 五月

蕗味噌の朝げに飾る婆の腕        金子松太郎
バイオリン余韻に涙春の午後       山田千代子
桜(ハナ)咲けど暗黒孕む雲の峰     嵐田とみ
水仙の喇叭の如く口を開け        島貫文昭
囲い解く孫も手伝う縄拾い        皆川京子
まほろばの空をつくりし鯉のぼり     寒河江孝子
あと二人もう一票と土筆道        髙橋忠子
七色の芽吹きの山のファッションショー  佐藤幸子
麗らかに萌える蓬や桜餅          片平仁右衛門
幾重にも風吹き抜けて糸桜        大塚野菊
広介も休みし石にて花見かな       島津繭子
蔵王嶺の残雪呑むか鯉のぼり       木村 舳
チューリップも希いを託す選挙戦     佐藤繁夫
春耕の蛙無傷で安堵せり         鏡たか子
沼の辺の日差し柔らに歯朶萌ゆる     二瓶あんじゅ
五月闇中有の魂彷徨える         加藤啓子
春炬燵退屈という日もありて       山中よし
尿漏れパンツ穿いて投票桜散る      小島敏雄
木瓜の花夫癒されて赤旗(ハタ)読みす  阿部とよ
蕗のとうこごみ蓬に食すすむ       有路シズヨ
紫木蓬胸をそらして空仰ぐ        渡辺未知子
雑木山色賑やかに芽吹きかな       村上清江
太陽の雪解の力ずかずかと        沢田稲花

(2015年5月4日15:45配信)