hptitle01

         文芸サロン

孟宗おきたま俳句会 四月

雪下ろし終へてシャツ脱ぐ笑顔かな   金子松太郎
可動する春のいとなみ土中から     嵐田とみ
雪の中春風温く頬を撫で        島貫文昭
吾が里や桜咲く日の待ちこがれ     片平仁右衛門
おぼろ月影とつれだちまちへ行く    山田千代子
春の川山の養分水に変え        皆川京子
車窓からあふるる声山笑う       寒河江孝子
手をつなぎ胸に花付け卒園す      島津繭子
春めくや化粧直しを二度三度      大塚野菊
花の客暦に予定入れて待ち       佐藤幸子
チューリップの新芽ばか雪突き通す   佐藤繁夫
産毛光る真白き独活へ刃を躊躇     髙橋忠子
  (ホウ)
啓蟄に憲法改正と息を巻く       木村 舳
名残雪三日三晩吠ゆ反TPP        阿部とよ
老いゆくも思い新たに花を待つ     二瓶あんじゅ
亡き夫の写真がにらむ彼岸明け     有路シズヨ
花前線北に向かって走り出す      鏡たか子
法座終え椅子の畳まる彼岸会      渡辺未知子
赤貧よくも雪に色落ちなんだ      小島敏雄
春の客来るたび見せるランドセル    加藤啓子
春耕や息吹き返す黒い土        村上清江
足の爪切って磨いて春隣         山中よし
福寿草わが庭先に先駆けて       沢田稲花

(2015年4月8日15:50配信)