hptitle01

          文芸サロン

師走句会
           米沢俳句会

小春日や雪囲いなどせかさるる    石口達郎
選挙カー一段落し年送る       磯部知子
かさこそと落葉の径の温みかな    伊藤 勉
詩は裸身言の葉深き冬の山      小川孝子
初雪や巡回の猫跡をつけ       神原省治
恙なく八十路迎えし菊膾(なます)  木村正子
木枯のあと光陰の加速せり      佐々木昭
下駄箱の奥に一足一葉忌       佐々木泰子
目の覚めて障子の外の雪景色     佐々木清子
来し方を語ることなき師走かな    佐藤和雄
年の暮文殊様にも絵馬かけて     佐藤君子
あれこれと薬を友に年送る      高橋寿子
クリスマスどこの誰からプレゼント  田中寛子
雪まじり一雨毎に年詰まる      足澤 聡
白菜を漬けて一と日の終りけり    永井しげ子
マジックで絆強むる年忘れ      原田芦雪
冬枯れの村を一望峠道        渡部美知子

(2016年1月2日 11:40配信)