hptitle01

         文芸サロン

乙未(きのとひつじ)卯月句会
             米沢俳句会

春の夜の機影悠々南下せり     磯部知子
月蝕を見詰むる頬に雪解雪     伊藤 勉
福島の過去遠ざかり白魚飯     小川孝子
万禺節眉に唾しつ聞く話      神原省治
剪定に葉ぶり枝ぶり美しき     木村正子
花弁のチケット佐保姫空の旅    佐々木昭
菜の花やランドセルより足が生え  佐々木泰子
一陣の風に散る花残る花      佐々木清子
花冷えや必勝祈願の神参り     佐藤和雄
日溜りに坐れば匂う梅一輪     佐藤君子
起き上がる木々の力よ春浅く    高橋寿子
入学やまず笑顔から持って行く   田中寛子
嬉しさにお礼忘れる四月馬鹿    足澤 聡
雪解どき水音の無いところ無し   戸田三郎
春夕焼斜平山気高く染めにけり   永井しげ子
桜前線来て句作りに希望湧く    原田芦雪
父の自慢籾殻深く植える独活    渡部美知子

2015年4月18日(土)於 招湯苑

(2015年5月3日16:35配信)