hptitle01

          文芸サロン

文月句会
        米沢俳句会

ジジババの作る笹巻き大好きと  石口達郎
夏衣友の愚痴きく電話口     磯部知子
晩鐘や額紫陽花の紅ほのか    伊藤 勉
大杉の優しき陰に蝉生まる    小川孝子
三日見ぬ鼻面うめたるすべりひゆ 神原省治
鮎を焼く鰭にたっぷり化粧塩   木村正子
樽みこし遊びをせむとパンダ組  佐々木昭
嬰の瞳に不思議が宿るラムネ玉  佐々木泰子
紫陽花の毬重なりし観音堂    佐々木清子
向日葵が知恵の輪になる雨上がり 佐藤和雄
朝採りの胡瓜輝く手の中に    佐藤君子
サングラス優しきまなこ奥にあり 高橋寿子
吾子どもの払ふしぶきや玉の汗  田中寛子
日は強く暑くなるのか梅雨の間に 足澤 聡
楽譜など要らぬ麦笛覚えけり   戸田三郎
梅酒とろり亡き母の文字薄れずに 永井しげ子
花火消え亡き友の遍歴思ふ    原田芦雪
夏の月参道ゆき交う靴の音    渡部美和子

(2015年7月30日07:20配信)