hptitle01

          文芸サロン

如月句会
            米沢俳句会

立春や窓雪三日なきままに    石口達郎
冬温し一声発し猫過る      磯部知子
しろがねの壁を重ねて山眠る   伊藤 勉
早々と雪間の土手に蕗の薹    小川孝子
三猿と言う訳いかず睦月過ぐ   神原省治
左義長や差出す餅の片焦げに   木村正子
白鳥の舞ふ三番叟カメラ追ふ   佐々木昭
幼な子の風邪に折り紙だまし舟  佐々木泰子
連日のジャンプに湧くや樹氷林  佐々木清子
雪降らず除雪のダンプ手に余す  佐藤和雄
玄関に母の活けたる梅一輪    佐藤君子
立春や山肌淡く光りをり     高橋寿子
立春の文字と外とを見くらべて  田中寛子
寒釣りや鉄橋渡る列車音     戸田三郎
暖冬と言へどいつしか雪を積む  足澤 聡
余寒なお斜平山に遊ぶ雲もなく  永井しげ子
雪晴間妻への謝念言ひそびれ   原田芦雪
寒明けにほっと一息明日迎ふ   渡部美知子

平成28年2月20日(於)西部コミセン

(2016年2月23日 11:15配信)