newtitle

          文芸サロン

霜月俳句会
                 米沢俳句会


yone201711


古道や逝きし人偲び落葉踏む      石口達郎
木枯しや木々の間透きて隣家の灯    磯部知子
屋根ごとの松を残して紅葉山      伊藤 勉
独り居の用心有りて北塞ぐ       小川孝子
そよ風にからからころと落葉降る    神原省治
なれぬ旅つかれを癒すもみじ宿     木村正子
理に負けて情にも負けて木の葉髪    佐々木昭
切れぬやう占ひながら柿を剥く     佐々木泰子
昃(ひかげ)れば一気に暮るる暮の秋  佐々木清子
秋の雲世のしがらみを抜けられず    佐藤和雄
雪囲い男結びは凛として        佐藤君子
広島の友来る前に障子貼る       高橋寿子
冬めくを言訳として過ごしをり     田中寛子
ソフト帽揺らし帰路ゆく冬の雨     足沢 聡
枯野路や刈田へ落ちし鷺(さぎ)の影  永井しげ子
初雪や山に白馬の騎士描く       濱田洋子
静寂野輝きゆるる芒(すすき)の穂   原田芦雪
茶の花の垣根に映える里の景      渡部美知子

(2017年11月23日18:40配信)