newtitle

          文芸サロン

師走句会
                 米沢俳句会


winter17


木枯や末広亭に和み居り     石口達郎
初雪や履物替へたる午前九時   磯部知子
道標の赤布ゆるる刈田道     伊藤 勉
があがあと広き凍野に啼く鴉   小川孝子
小春日の続くを願ひ腕まくる   神原省治
冬ざれやビル一階のコーヒー店  木村正子
日記閉ぢ色即是空の年惜しむ   佐々木昭
星移り天使のあくび聖夜劇    佐々木泰子
夜半風雨道いっぱいに濡れ落葉  佐々木清子
庭の木々冬を迎えて彩しずか   佐藤和雄
寄せ鍋の湯気の中なる顔と顔   佐藤君子
大根煮て甘き匂いと暮らしをり  高橋寿子
集合の時も間際の冬の朝     田中寛子
骨に染む身に染む寒さ何時までか 足沢 聡
鎮守様花一りんの枯れ残る    永井しげ子
来る年の備え始めに日記買う   浜田洋子
積ん読を抜き取りて読む小春かな 原田芦雪
切干や母の手のうちちりぢりと  渡部美和子

(2018年1月17日15:30配信)