newtitle

          文芸サロン

卯月句会
            米沢俳句会

2017_4

玉庭の石割桜知事の里      石口達郎
恋猫の声聞かれぬも淋しけれ   磯部知子
ごうごうと木霊渦巻く雪解川   伊藤 勉
群生す片栗の花胡桃和え     小川孝子
蒲公英の舗道割れ目に咲く二輪  神原省治
三寒に尖り四温になごむ風    木村正子
朝桜散りぬるをわが秘めてをり  佐々木昭
次々にかくて総立ち白木蓮    佐々木泰子
味噌っ歯の知恵追いつけず土筆坊 佐々木清子
鉢花を咲しを包む名残り雪    佐藤和雄
鍬洗う小川の水の温みけり    佐藤君子
いつの間に水仙の芽の勢ぞろい  高橋寿子
入学や兄姉を見て背伸びの子   田中寛子
卒業や送られる人送る人     足澤 聡
日の匂ひ根分けの土をいとをしむ 永井しげ子
従心越え余生まみゆる花錦    原田芦雪
雪解けて山間ひびく川の音    渡部美知子

2017年4月21日 句会

(2017年5月1日11:55配信)