hptitle01

3月17日

「Ai - Girls」が障がい者とふれあいイベント

 昨年10月、市民から公募した「AiーGirls(愛ガールズ)」が9日、米沢市すこやかセンターで開かれた「障がい者とのふれあいのつどい」に参加し、国民的アイドルユニット・AKB48の曲に合わせダンスや手話コーラスを披露した。

 愛ガルのメンバー17人が、リズミカルにステップをふみ始めると、会場からは手拍子や歓声が起こり、若さ溢れる踊りを見せた。

 市政100周年記念イメージソングをポップスに変えたアレンジ曲や手話コーラス「翼をください」で会場は一体になり、全員で「あかりをつけましょぼんぼりに」とひな祭りを合唱。元気な"米沢のアイドルグループ"の姿に感動と拍手がなりやまず、雪の多かった米沢にも 愛ガルが春を運んできたようだ。

 結成してから2回目のダンス披露に、リーダーの優華さん(高校2年)は「最初は緊張していましたが曲が進むにつれ、笑顔と元気が伝えられました。上杉まつりのデビューに向け、踊りと笑顔のスキルを高め、米沢を盛り上げていきたい」と話している。

 引き続き、交流会で愛ガルはつどいの参加者とともに「ちらし寿司」を作り、一緒に食事をしながら話に華を咲かせた。