hptitle01

8月1日

坂野雄大さん、青年海外協力隊を終え表敬訪問

 青年海外協力隊・JICAボランティアとして派遣された坂野雄大さん(26)が今年6月に帰国したことから先月30日、米沢市役所を表敬訪問し、安部三十郎市長に海外の現状や体験について報告した。

 坂野さんは平成23年6月から2年間、パプアニューギニアの小学校で数学の授業を行い、主に13から30歳まで、2年間で延べ240人の小学生を指導。週に15コマ40分の授業を受け持ち、基礎計算力向上のために100マス計算や現地では行われていないドリル、九九暗唱コンテストを取り入れた授業を行ったほか、同期の教師隊員とともにオリジナルの教材を作成・出版し、公認の指定参考書として認定受けるために尽力した。

 帰国の途に着いた坂野さんは「海外生活はあっという間だったが、やり切った感に加えてとても充実することができた。今後は、2年間出来なかった(米沢での)地域貢献と親孝行をして将来について考えたい」と話していた。坂野さんが帰国したことで、現在米沢は1人、県内では20人が青年海外協力隊として海外に派遣されている。