hptitle01

9月24日

花いっぱい運動推進協、小町花公園に植樹

 冬は米沢市小野川スキー場になる小野川小町花公園に、約50人が15日ジャーマンアイリスやへメロカリスの苗を植樹した。植樹は市花いっぱい運動推進協議会(川北正昭会長)が提供するジャーマンアイリス1566株、ヘメロカリス500株でシャクヤク500株は8月初旬に植樹した。

 当日は雨のなか、同町内会が中心になり、会員らもボランティアで参加。我妻静夫町内会長から「水が逃げないように根本の土を丸くほり、土をかける」など説明を受け、約20㌢の苗を植えた。

 植樹した苗は宿根草で以前はマリーゴールドやサルビアを植えていたが、今年からは毎年、植えることのないようにと水管理できる配管を行ない、3種の宿根草にした。維持管理は同老人クラブが行い、見頃は来年6月頃になるという。