hptitle01

9月24日

東光・小嶋総本店で蔵開き賑わう

 清酒東光醸造元・株式会社小嶋総本店(小嶋彌左衛門社長)で東光「蔵開き」が15日開かれ、雨にも関わらず大勢の人らで賑わいを見せていた。

 この日は蔵開き限定の純米「ひやおろし」をはじめ、大吟醸、生酒など10種類を用意、訪れた人らは日本酒の香りと味に舌鼓を打っていたほか、普段お目にかかれない蔵見学では、瓶詰めや仕込み、貯蔵蔵などを見て回り、酒造りの工程を体で味わった。また、酒造りに欠かせない地下40㍍の水源からくみ上げた仕込み水も提供され、飲み心地を確かめていた。

 一方、ステージイベントでは、太鼓の演奏とともに蔵開きがスタート。引き続き、酒造り唄やご当地アイドルユニット「AiーGirls」、山形おきたま愛の武将隊による歌と踊りによるパフォーマンスが披露されたほか、花くれない会場では、林宏樹クァルテットによる演奏を聴く「蔵 de JAZZ」も開かれ、日本酒を片手に、音楽に酔いしれた。

 別会場ではいも煮や玉こん、牛串の販売や日本酒が当たる抽選会も開かれ、多くの人らが日本酒の文化を楽しんでいた。

 同社は今年創業416年目。市内では同社のみが蔵開きを行っており、多くの人に日本酒の酒造りの工程や蔵を見てもらいたいと、昨年復活し2年目を迎える。