hptitle01

10月27日

栗子トンネル休日渋滞、最大120分

 山形県と福島県を結ぶ国道13号線東栗子トンネル(2376㍍)と西栗子トンネル(2675㍍)で、今月15日から実施されている天井版撤去工事に伴い、東西の両トンネル周辺の通過時間が、休日で最高120分時間を要している。

 平日については、規制初日には上り福島方面行きで100分の渋滞が発生。その後も最大で60分〜80分程度の待ち時間となっている。

 規制が行われているのは、東西両栗子トンネル約5㌔とトンネル間の2㌔。入口には信号機や誘導員を配置し、内部では工事用車両帯と分けるためにプロテクターが設置され、天井板の撤去及び換気設備として送風機(ジェットファン)を新たに取り付ける作業を実施している。

 福島市に向かった60代の男性は「運が良ければと思ったが、結構な時間がかかる。もう少し早めにでなければ」と頭を悩ませていた。

 期間は今月15日9時から12月20日16時までを予定しており、福島河川事務所では、国道113号、121号への迂回路の利用を呼びかけている。

 期間中は、幅3㍍、高さ3・8㍍を超える特殊車両については、終日通行不可となる

 問合せについては0238(34)2221 栗子国道維持出張所まで。24時間対応で、ホームページでも前日までの渋滞情報を掲載している。