hptitle01

11月4日

県南自動車学校、南陽・高畠に50万円寄付

 (株)けんなん(須貝昇代表取締役社長、高畠町福沢)が経営する県南自動車学校が今年50周年を迎えたことから、記念事業の一環として先月28日、同社が直営する赤湯温泉・丹波館(須貝末栄子女将、南陽市赤湯)とともに南陽市を訪れ、25万円を寄贈した。

 須貝社長は「地域のため有効活用して頂きたい」と寄付金を手渡し、塩田秀雄市長は「地域に目を向けて頂き、嬉しく思っている。大切に使わさせて頂きたい」と感謝の言葉を述べた。

 同社は昭和38年10月に県公安委員会より指定を受け、今年で50周年の節目にあたることから、直営旅館のある南陽市と、先月31日には本社兼同自動車学校のある高畠町にそれぞれ25万円を寄付した。