hptitle01

11月16日

納税制度推進に尽力 米沢税務署、3氏を表彰

 米沢税務署(古瀬忠昭税務署長)は「税を考える週間」にあわせ13日、グランドホクヨウで申告納税制度の推進に貢献した斎藤隆則氏(川西町、公益社団法人米沢法人会理事)、石川和男氏(南陽市、米沢税務署管内青色申告会連合会理事)、佐藤登興美氏(高畠町、同連合会理事)の3人を米沢税務署長納税表彰としたほか、酒類行政の運営に貢献した片野信治氏(米沢市、米沢小売酒販組合理事)と金内晴一氏(同、同理事長)に感謝状を贈呈した。

 古瀬税務署長は「期日内の適正納税は、国の基盤を支えることから、引き続きお力添えと良き理解者として税知識の普及にご尽力をお願いしたい」とあいさつ、続いて先月31日に仙台国税局長納税表彰に選ばれた鈴木陽市氏(米沢市、社団法人山形県法人会連合会副会長)、今月8日に国税庁長官感謝状が贈られた後藤康太郎氏(高畠町、県酒販組合相談役)、今月28日に表彰式が行われ、仙台国税庁長官感謝状が贈られる後藤祐吉氏(同、県酒販組合理事)、鈴木得雄氏(同、県小売酒販組合連合会理事)、髙橋義郎(川西町、県酒造組合理事)が紹介された。

 受賞者を代表して、斎藤氏が「身に余る光栄。申告納税制度の推進と納税道義の高揚に微力を尽くしていきたい」と謝辞を述べた。

 また、同税務署管内で中高生を対象とした税の作文コンテストでは、阿部澪さん(高畠高3年)、佐藤紘平くん(米沢工業高3年)、嶌貫優香さん(米沢商業高1年)、渡部汐音さん(同1年)、熊坂玲奈さん(赤湯中1年)、小関隼矢くん(沖郷中1年)、髙橋陽人くん(米沢二中2年)、友田彩音さん(米沢三中1年)がそれぞれ米沢税務署長賞、県納税推進協議会会長賞を受賞した。