hptitle01

1月8日

高畠町が豪雪対策室設置(6日付け)

 

 

 



 雪害事故防止、パトロール・排雪の強化を決定

 昨年12月上旬以来の降雪により、高畠町では町内の積雪量が平年を上回り、また今後も降雪が見込まれることから雪害防止を目的に、1月6日付けで「高畠町豪雪対策室」(室長:渡部富士男副町長)を設置した。1月6日時点での役場庁舎観測地では78センチメートルを記録している。
 8日、町関係課による豪雪対策会議を開催し、「チラシ配布などによる豪雪事故防止の呼びかけ」、「雪害パトロールの強化」、「排雪の強化」の3点の対策を図ることにした。
(2015年1月8日14:00配信)