hptitle01

ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクール

             感想文:鈴木真歩さん(尾花沢小2)が山形県知事賞

 

 ひろすけ童話賞委員会(委員長 寒河江信高畠町長)は23日、第25回ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクールの応募状況、審査結果等について発表した。
 応募状況では、感想文が291点、感想画(幼児)362点、感想画(児童)811点の合計1464点で、昨年に比べて感想画が594点少なくなり、応募合計は596点の減少となった。
 1月8日に感想文、感想画の作品選考会を開催し、感想文35点、感想画(幼児)40点、感想画(児童)88点の合計163点を入賞に決定した。入賞者の内訳では、高畠町47点、高畠町を除く県内50点、県外が66点となっている。
 感想文では、尾花沢市立尾花沢小学校2年 鈴木真歩さんの童話名「よぶこどり」が山形県知事賞、鈴木さんを含む合計6名が特別優秀賞に選ばれた。また感想画では、館林市立第一小学校3年(群馬県)の南川千佳さんの童話名「雪の下の木ねずみ」が同じく山形県知事賞に選ばれ、南川さんを含め合計10名が特別優秀賞となった。
 「ひろすけ童話賞委員会委員長賞」には、応募数31点に対し入賞15点の杉並区立高井戸小学校(東京都)をはじめ、感想画・児童の部では、(学)諏訪学園認定こども園 諏訪の杜保育園(山形市)、感想画・児童の部では、せんだ児童画教室(館林市)がそれぞれ選ばれた。
 表彰式は3月7日(土)午後1時30分から浜田広介記念館で開催される。

(2015年1月29日13:35配信)