hptitle01

南陽市 ふるさと納税お礼品をリニューアル

               1万円からお礼へ、品目数は13から37に拡大

 生まれ故郷や応援したい自治体へ寄附することで、ふるさとに貢献したい、応援したいという想いをかたちにすることができる制度「ふるさと納税」への関心が高まっています。寄附する人は住民税と所得税から一定の控除が受けられるほか、寄附をおこなった自治体からのお礼の産品を受け取ることができるためです。各自治体は地域経済の活性化に繋がるとして、「ふるさと納税」額を増やすために、ブランド力のある地元産品を掲げたり、品目数を増やすなど、お礼の方法に関して知恵を競い合っています。
 南陽市は寄附された「ふるさと納税」で、「"子育て支援宣言都市なんよう"の子育て応援事業」「森林を保全し自然豊かな郷土づくり事業」「スポーツの振興と文化の保存・伝承・発信事業」「共に助け合い、楽しいふるさとづくり事業」の4つの取り組みを推進する事業に活用しています。
 3月3日、南陽市は平成27年度分のふるさと納税の受付を開始しました。これまで20,000円以上の寄附に対して南陽市の特産品を送っていたものを、平成27年度は10,000円以上の寄附に金額を下げ、また金額に応じて最高5品目まで送ることにしたものです。同時にお礼の品を13品目から37品目に拡大しました。
 ふるさと納税寄附のお礼として、1万円以上の寄附に対しては、A「山形県おきたま産はえぬき10㌔×2」、B「山形代表ジュース30本」、C「桃源郷ワイン(720㎖)4本」のA・B・Cのいずれか1品、2万円以上の寄附に対しては、A・B・Cのいずれか1品と、ポイント分の特産品を送付し、寄附の申込み時に選択できます。
 平成27年度のポイント分としては、サラミ詰め合せ、そば詰め合わせ、清酒、ワイン、シルク100%ストール、南陽産米つや姫、米沢牛、さくらんぼ、ぶどう、ラ・フランス、ラ・フランスとリンゴの詰め合せ、赤湯温泉宿泊割引券、観光さくらんぼ園食べ放題入場券、観光ぶどう園食べ放題入場券、パラグライダー体験タンデムフライト(二人乗り)、オーダーメード靴、さくらんぼの木オーナー権など、南陽市ならではのお礼品目を用意しています。

 詳しくは、南陽市ホームページを参照してください。
  南陽市ホームページ http://www.city.nanyo.yamagata.jp

(2015年3月4日18:40配信)