hptitle01

中川勝米沢市長が就任後初の資産公開

 米沢市は「米沢市長の資産等の公開に関する条例」及び「同条例施行規則」の規定に基づき、中川勝市長の資産等を5月30日午前8時30分から公開しています。これは平成27年12月22日に米沢市長に就任した中川勝氏の市長として初めての資産等の公開となります。公開された資産等報告書は、市長就任時の平成27年12月22日現在で有するもので、平成28年3月25日に作成されました。
 「市長の資産等報告書」では、米沢市本町3丁目にある自宅の土地は、相続によるもので面積は計553.14㎡で、その固定資産税の課税標準額は、計2,157,143円です。また自宅の土地上の建物の床面積は、家屋分が216.46㎡、小屋部分が29.74㎡で、その固定資産税の課税標準額は、それぞれ2,597,775円と23,077円となっており、いずれも相続によるものです。預金の総額は1,250,000円(当座預金及び普通預金を除く)で、貯金、郵便預金、金銭信託は0円、有価証券、美術工芸品、ゴルフ会員権等は所有していません。また貸付金、借入金は0円です。普通自動車を1台所有しています。

(2016年5月30日09:00配信)