newtitle

米沢市景観賞 レジデンスTOMO本町18など3件

 米沢市は10月26日、第18回米沢市景観賞及び第9回米沢市景観図画コンクールの入賞作品を発表しました。
 米沢市景観賞は、まちなみに調和し地域の魅力を高める優れた建築物やまちなみ景観の形成に貢献している活動を表彰するもので、「現代部門」「残したい建物部門」「まちなみ部門」の3部門で応募が寄せられたものから、米沢市景観形成委員会で選考の上、決定されるものです。今年は、「現代部門」「残したい建物部門」の2部門に6件の応募が寄せられ、「現代部門」には「レジデンスTOMO本町18」、「ufu uhu FARM」の2件、「残したい建物部門」には、「株式会社新田」の1件が決定しました。
  米沢市景観図画コンクールは、小中学生が図画を描くことで郷土の美しい景観を大切にする気持ちを育み、市民にも景観形成への関心を持ってほしいと毎年開催されています。今年は、市内小中学校から467作品の応募があり、28作品が入賞しました。
 第18回米沢市景観賞及び第9回米沢市景観図画コンクールの表彰式は平成28年11月16日(水)午後2時から米沢市松川コミュニティセンター多目的ホールでおこなわれます。景観図画コンクールの作品は、入賞28点が平成29年1月6日〜13日、米沢市役所1階市民ホールで、応募全467作品の展示は、平成29年1月17日〜22日まで、よねざわ市民ギャラリー(ナセBA1階)で行われます。

《第18回米沢市景観賞受賞建築物》
○現代部門
keikan1レジデンスTOMO本町18(本町一丁目)
所有者・施工者/大友建設株式会社 設計者/一級建築士事務所UA有限会社
コメント/壁全面に配された木の格子が自然に調和すると同時にシャープで美しい印象を与えます。まくら木と玉石を敷き詰めた路地は、まちなみの連続性を演出しており、今後の周辺景観を先導するものとして期待されます。

keikan2ufu uhu FARM(赤芝町)
 所有者/株式会社山田鶏卵 設計・施工者/小野光匠
コメント/その名のとおり農場をイメージしたランドスケープは、小野川温泉へと続く道沿いに新たな価値を創造するものです。開放的な窓や大きな屋根が特徴的な建物ときれいに管理されたユニークな庭が、軽快で明るい雰囲気を醸し出しています。

○残したい建物部門
keikan3株式会社新田(松が岬二丁目)
所有者/新田英行さん
コメント/米沢織の伝統ある織元にふさわしく、風格と重厚感を感じさせる建物です。蔵や庭、門や板塀に至る隅々までしっかりと手入れされており、愛着を持って管理されていることが分かります。歴史と伝統を現代に伝えるこの建物は、後世に残したい建造物の一つです。

○まちなみ部門 応募なし


《第9回米沢市景観図画コンクール入賞作品》
○最優秀賞 小学生の部
keikan4 『上杉のこまいぬ様』
    南部小学校4年 諏訪悠斗さん










○最優秀賞 中学生の部
keikan5 『夕暮れの米沢駅』
   第五中学校1年 加藤明日佳さん






○特別賞
keikan6『上杉神社への参道』
   第四中学校3年 中村美紅さん






○景観形成委員長賞
keikan7 『南原 昔なじみの酒屋さん』
   南原中学校2年 我妻真衣さん






○優秀賞(小学校1・2年生の部)
keikan8『米沢駅』 
  西部小学校2年 馮美晨(ふぉんみあ)さん






○優秀賞(小学校3・4年生の部)
keikan9『トトロの森』
   窪田小学校3年 佐藤翼さん









○優秀賞(小学校5・6年生の部)
keikan10 『上杉神社の鳥居』
   西部小学校6年 渡辺就斗さん






○優秀賞(中学生の部)
keikan11『立秋』
   第二中学校1年 塚田姫香さん






(2016年10月27日21:10配信)