newtitle

バンド「ジャンバラヤズ」が初CDをリリース



janbarayaz17 米沢市を拠点にバンド活動を行っている「ジャンバラヤズ」(清野春樹代表)が今年1月に初のCDをリリースしました。同バンドは4年前に結成し、置賜唯一のブルーグラスバンド(北アイルランドからの移住者たちの伝承音楽をベースにしたアコーステックなアンサンブルを奏でるストリングバンド音楽)として、現在、男性8人、女性2人の10人のメンバーで活動を行っています。
 昨年は年間26回の活動を行い、コンサートや米沢納涼水上花火大会でのアトラクションに出場するなど、知名度もうなぎのぼりです。平成29年2月に開催された上杉雪灯篭まつり会場や川西町フレンドりープラザで開催された「春待ち音楽祭」では、会場いっぱいに「ジャンバラヤズ」の音楽を響かせました。
 メンバーが演奏するバンジョーやマンドリンのどこか古の懐かしさを漂わせる音色と、ギター、エレキベース、ピアノ、リコーダー、カホンなどが見事に溶け合って、全ての憂いを吹き飛ばすような元気な音楽を醸し出しています。日本では1950年代にカントリー音楽全盛時代がありましたが、米国では今なおカントリー音楽が音楽産業の中で主要な位置を占めています。
 
 CD内には5曲が収められています。( )は作曲者。
1.ビッグスパイクハンマー(Bobby Osborne&Pete Goble)
2.イーストバージニアブルース(Traditional)
3.ロンサムタウン(Thomas Baker)
4.アイム・ウォーキン(Antoine Domino& Dave Bartholomew)
5.ブルートレイン(Allen)

価格は1,000円(税込)
問い合わせは、清野春樹さんまで。 TEL 0238-23-1729

(2017年3月8日12:00配信)