newtitle

米沢市 防災ラジオ放置で総務部長らを文書訓告



bousairajio17 米沢市は、5月2日、平成26年度における災害時等情報伝達設備整備事業の一環で購入した防災ラジオを長期間に亘り倉庫に放置していた問題で、関係職員に対する処分を行ったと発表しました。
 公表は、「米沢市職員の懲戒処分等の公表基準」に基づいて行われ、所属名と職名、処分等の内容、処分等年月日、事実の概要が公表されました。
 対象者は、総務部長(文書訓告)、市民環境部環境生活課危機管理主幹(文書訓告)、市民環境部環境生活課危機管理室危機管理主査(口頭厳重注意)です。
 理由は、「適正な進行管理及び調整指導を怠ったため、結果として、長期間に亘り、住民に配布すべき防災ラジオを倉庫に放置したことによる。」としています。実施日は、平成29年4月28日です。

(2017年5月3日07:10配信)