newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

米沢市在住大学生、市内16例目となる新型コロナ感染

 

 7月16日、山形県は県内で75例目、米沢市で16例目となる新型コロナウイルス感染症患者1名が確認されたと発表した。
 患者は米沢市在住の20代男性で、山形大学工学部で学ぶ学生。7月10日から11日、東京都へ旅行し、10日に都内のクラブを利用していた。7月12日、アルバイト先である米沢市内の飲食店で勤務した。
 7月14日に、37度台の発熱と倦怠感、頭痛、下痢があり、7月16日、検査のため医療機関を受診して判明した。下痢は15日に改善、発熱、頭痛は16日に改善している。
 現在、置賜地域の感染症指定医療機関に入院中で、濃厚接触者や過去事例との関連については山形県置賜保健所で調査中である。
 中川勝米沢市長は、米沢市で16例目の患者が確認されたことを受けて、「米沢市から感染が増加している地域への不要不急の移動は控えてほしい」と市民に呼びかけている。