newtitle

画像04が表示されない
竹田 歴史講座

▲トップページへ戻る

南陽市、市民・事業者とともにゼロカーボンシティ目指す


 

zerocarbon-1 南陽市は、12月23日、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す「南陽市ゼロカーボンシティ宣言」を行った。
 近年、世界中で地球温暖化が原因とされる異常気象により、自然災害が頻発し、また激甚化して、生命や暮らしが脅かされる状況が多く見られるようになってきている。
 そのような中、2015年に合意されたパリ協定では、「産業革命からの平均気温上昇を2℃未満とし、1.5℃に抑えるよう努力する」との目標が共有された。その後、2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書の中では、「気温上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする必要がある」と示された。
 これを受けて、南陽市の白岩孝夫市長は、「今こそ市民・事業者と力をあわせ、未来永劫にわたって誰もが安心して住み続けられるよう次世代につないでいくため、2050年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す『ゼロカーボンシティ』へ挑戦する」として、宣言文を発表した。

(2020年12月23日15:15配信)