newtitle
バナー広告1


竹田 歴史講座
ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

南陽市、緊急経済対策利子補給事業を実施へ

nanyo-1  南陽市は、今冬の「記録的な暖冬・少雪」、「新型コロナウイルス」の影響に伴う経済環境の急激な悪化に対応して、市内経済の安定を図る為、南陽市緊急経済対策本部を設置し経済対策に取り組んでいる。3月7日、その第1弾として、「南陽市緊急経済対策利子補給事業」を実施すると発表した。(南陽市単独事業の施行日は令和2年3月6日)
 
 対象者は、
(1)「記録的な暖冬・少雪」、または「新型コロナウイルス」の影響で売上げの減少が著しい「中小企業者(個人事業主を含む)」(※対象となる資金によっては、小規模事業者のみが該当)
(2)市内に本店又は主たる事業所を有し、市内において同一事業を引き続き1年以上経営している事業者
(3)市税を完納している事業者

 利子補給内容は、
 ①山形県商工業振興資金(地域経済変動対策資金)については、1.6%の利子を、県、金融機関と協調し、市が0.5%を負担し無利子融資とする。融資限度額は、5,000万円。しかし、最近1か月の売上高が前年同月比50%以上減少などの条件があり。
 これに該当しない事業者への支援として、次の資金について、売上高減少基準を前年同月比20%以上に緩和し、南陽市独自の利子補給を実施する。融資限度額は2,000万円、利子補給率は南陽市が1.0%とする。
 ②マル経融資(小規模事業者経営改善資金)
 ③衛生環境激変対策特別貸付
 ④県信用保証協会保証制度(セーフティネット保証4号・5号)を利用した融資
 上記のほか、国県等の制度改正により資金等の新設があった場合は、補助対象として取り扱うことも検討する。(詳細は下記の別紙「対象となる資金」参照)

 対象となる融資期間は、令和2年3月6日から8月31日(山形県商工業振興資金は3月16日を予定)で、取り扱い機関は、市内の銀行、信用金庫、信用組合及び日本政策金融公庫。
 南陽市は、同事業の実施に関わる予算として、
(1)令和元年度補正予算(第8号)として、債務負担行為(11年間:令和2年度〜12年度)
   6,012万8千円(うち県補助金:1,789万9千円)
(2)令和2年度補正予算(第1号)として、
   923万9千円(うち県補助金:175万円)
 内訳 緊急経済対策利子補給補助金 573万9千円(市→中小企業者)
    中小企業緊急経済対策利子補給金 350万円(市→金融機関)

問合せ先
南陽市商工観光課 TEL 0238-40-8294/FAX 0238-40-3422
         Mail:shoko1@city.nanyo.yamagata.jp

nanyo-2

(2020年3月7日12:00配信、3月29日13:20最新版)