newtitle
米沢日報水上花火大会

画像04が表示されない

竹田 歴史講座

ウキウキたむたむ


▲トップページへ戻る

米沢市、3地区コミセン建替事業の進捗状況を報告



 米沢市は5月25日の総務文教常任委員会協議会、及び6月1日の市政協議会において、現在、建替工事が進む2地区のコミュニティセンター(以下、コミセン)、令和2年度に基本及び実施設計委託をおこなう南原コミセンなどについて事業の進捗状況について報告を行った。
kubota 窪田コミセンは、今年度に本体棟及び車庫・倉庫棟の建設工事を行う。本体棟は鉄骨造平屋建て611.62㎡、車庫・倉庫棟は木造平屋建て96.00㎡、敷地面積は2,999.38㎡の大きさ。現在、本体棟の建設工事が着工され、基礎工事の段階。また外構工事の入札及び契約を準備中。
(写真右=建設工事中の窪田コミセン、5月28日撮影)
 令和2年3月〜11月までに建設工事(建築工事、電気設備工事、機械設備工事)、令和2年8月〜令和3年3月まで外構工事、令和3年度に移転開館(春)、続いて既存建物の解体を行い、跡地の利用をおこなう。

tazawa 田沢コミセンは、今年度に敷地面積は2,976.46㎡、造成工事面積は1,470.00㎡の敷地造成工事及び木造平屋建て582.98㎡の本体棟の建設工事をおこなう。現在、敷地造成工事を着工中で、本体棟の建築工事、機械設備工事、電気設備工事の入札及び契約の準備中。
(写真右=敷地造成中の田沢コミセン、6月1日撮影)
 令和2年3月〜6月まで敷地造成工事、令和2年5月〜9月まで木材の受領に係る手続き(木材の製材・加工、品質管理)、令和2年7月〜令和3年3月まで、建設工事(建築工事、機械設備工事、電気設備工事)、令和3年度に移転開館(春)、既存施設解体、外構工事、車庫・倉庫棟建設工事を行う。
 一般財団法人田沢自彊会より地元産杉材等を無償提供を受ける。

 南原コミセン建替事業(新規)では、令和2年度に本体棟及び車庫・倉庫棟の基本及び実施設計委託を行う。設計計画では、本体棟は鉄骨造平屋建て約610.00㎡、車庫・倉庫棟は、軽量鉄骨造約40.00㎡。また建設用地の測量及び、外構工事の設計委託をおこなう。敷地面積は約4,300㎡、外構工事面積は約3,400㎡である。他に建設用地の埋蔵文化財調査、地質調査委託、建設工事請負契約(令和3年3月までに契約予定)を予定している。
 現在、建物建設予定地の埋蔵文化財調査を完了したが、遺構等は確認されなかった。用地測量及び外構工事の設計業務委託の入札を完了し、契約手続き中。また本体棟及び車庫・倉庫棟の基本及び実施設計の入札手続き中。
 今後のスケジュールは、令和2年6月〜11月まで本体棟及び車庫・倉庫棟設計委託、地質調査、令和2年5月〜12月まで敷地測量及び外構工事の設計委託、令和3年3月、建設工事契約(建築工事、機械設備工事、電気設備工事)、令和3年度、建設工事、外構工事、令和4年度、移転開館(春)、旧施設の解体(跡地利用)を予定している。

 旧上郷コミセンの解体工事は、今年度にアスベスト除去及び解体工事をおこなう。解体されるのは、木造一部鉄骨造2階建て464.56㎡、車庫棟23.74㎡で、現在は解体工事の積算準備中。今後のスケジュールは、令和2年8月〜11月、解体工事をおこなう。敷地は、解体完了後に測量を実施し、境界を確定してから普通財産へ移管する。