newtitle
 
画像03が表示されない

画像04が表示されない
竹田 歴史講座

▲トップページへ戻る

米沢市、令和3年度一般会計予算案は過去2番目の大きさ


 

nakagawa 米沢市は2月8日、令和3年度一般会計当初予算案の概要について記者会見を開きました。(写真右=予算案を説明する中川勝市長)

 中川勝市長は予算編成方針について、「今後、大規模事業の実施で生じる財源不足については、これまで積み立てた財源調整のための基金で対応する」ことや、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、「市税収入や基金残高が当初の見込みより大きく減少することが予想される」として、新型コロナウイルスから市民生活と地域経済を守り抜くことを最優先とするため、既存事業の見直しの必要について言及し、「事業の目的や効果などを厳しく見極め、無駄の排除と創意工夫を持って予算編成に当たる」と述べました。
 令和3年度米沢市一般会計当初予算案は、令和2年度に続く過去2番目の大きさとなる418億8千万円で、前年比△10億4千万円、△2.4%となっています。
 増加要因としては、市立病院事業会計費(市立病院建設支援負担金)が+6億46百万円、中小企業活性化事業費(貸付金等)が+5億67百万円、ふるさと応援寄附金制度推進事業費(寄附金)+4億円、新型コロナウイルスワクチン接種事業費+3億19百万円などとなっています。また減少要因としては、庁舎建替事業費△25億61百万円、窪田コミセン建替事業費△3億91百万円、すこやかセンター管理事業費(空調設備改修工事費)△3億77百万円、災害対策事業費(移動系無線デジタル化)△2億34百万円など。

 主な新規事業としては、①新型コロナウイルスワクチン接種事業3億6,909万円②市営野球場観客席防水改修工事など2億1,656万円③三友堂病院建替事業費補助金2億5,862万円④森林環境譲与税活用事業(航空レーザ測量)2,552万円⑤商業振興事業(消費喚起促進事業費補助金)1,500万円⑥ICT推進事業1,428万円⑦商業振興事業(米沢まちなか賑わい創出事業費補助金)400万円など。
 また拡充事業では、①広報よねざわの発行形態の見直しで131万円増の2,577万円②米沢市消防団員の定数を116人減らし、報酬を現在1万7千円から2万円に増額する費用として△3万円の2,085万円③住民税などにコンビニ・スマホ収納を導入する費用として、+489万円の618万円を計上しました。

 歳入面では、市税を97億9千万円(△8億9千万円、△8.3%)、地方交付税は76億9千万円(△2億3千万円、△2.9%)、国庫・県支出金の計97億2,186万円(+14億9,332万円、+18.1%)、地方債44億81百万円(△24億4,410万円、△35.3%)、繰入金は、財政調整基金からの繰入金7億円をはじめとして、23億63百万円(+1億1,577万円,+5.2%)を計上しています。
 歳出面では、人件費51億66百万円(+70百万円、+1.4%)、公債費33億24百万円(+15百万円、+0.5%)です。

 米沢市一般会計、特別会計、企業会計を含めた当初予算額(3会計合計)は777億1,017万円で、対前年度比で+4億7,960万円、+0.6%となっています。一般会計、特別会計は伸び率がマイナスであるものの市立病院事業会計が前年比+20%の大幅な伸びとなったことから全体として+0.6%の伸びとなりました。
 年度末の市債残高(一般会計、特別会計、企業会計の合計)は、前年比で37億112万円増の613億9,698万円の見込みです。経常収支比率などの指標は、後日公表するとしています。
 予算案は2月25日に招集される3月定例会に上程されます。