newtitle

高校生7人が米沢調理師専門学校で一日体験入学

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 学校法人音羽学園米沢調理師専門学校(早坂満校長)は8月20日、調理師を目指す高校生や社会人を対象とした「一日体験入学」を開催しました。8月から9月にかけて西洋料理、中国料理、総合調理、日本料理の計4回開催される一日体験入学の初回となった同日は、米沢工業、九里学園、長井工業の各高校と米沢に親戚があるという岡山県の高校生1人を含む計7人の女子高校生が参加し、在校生の学生とともに西洋料理を学びました。
 当日のメニューは、「ポークフィレ肉のミラノ風 トマトソース」「ババロア」の2種類で、午前9時から調理実習を始め、講師が実際の調理の手本を見せながら指導を行いました。また学生の優しい補助を得て高校生たちは初めて取り組むメニューに、材料を切ったり、かき混ぜたり、フライパンで肉を焼いたりしながら、真剣な面持ちで調理に取り組みました。調理後は、学生と互いに試食を行いながら味付けや盛り付けなどについて話し合いました。その後に施設見学、就学相談会が開催されました。
 この後に開催される「一日体験入学」のスケジュールは、8月27日(土)が中国料理、9月10日(土)が総合調理、9月17日(土)が日本料理を実施し、開催時間は午前9時〜午後2時までとなっています。
 同校は、山形、酒田など県内3校ある調理師専門学校のうち、1年で調理師免許を取得でき、短期集中型の授業を行っています。問合せは、TEL0238(37)2420 学校法人音羽学園米沢調理師専門学校まで。

(2016年8月20日19:15配信)