newtitle

本多建設、夏祭り2016「地域感謝祭」で賑わう

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 株式会社本多建設(本多作之助社長、米沢市徳町)主催の本多建設夏祭り2016「地域感謝祭」が8月21日、同社駐車場特設会場で開催され、900名を超える参加者で賑わいました。この夏祭りは同社が社会貢献の一環として開催しているもので、今年で第13回目を迎えます。
 会場では、朝取り野菜市、包丁砥ぎ、網戸張替え等の生活に密着した催し物や木工クラフト教室、金魚すくい等の子供たち向けの催しのほか、無料の屋台コーナーでは、焼きそば、フランクフルト、玉こん、アイス、飲み物などが振る舞われ、家族連れで夏の一時を楽しみました。若さがはち切れる九里学園高校ダンス部のダンスパフォーマンス、YOZAN戦士アズマンジャーなどが出演したステージイベントで会場は盛り上りました。また同社が支援している盲導犬育成では、ふれあいコーナーが設けられ、実際に目隠しをして視力障がい者と一緒に盲導犬の導きで歩行体験を行い、理解を深めていました。
 恒例となった大工パフォーマンスでは、大工さんの日頃の仕事ぶりを披露、立派な犬小屋とベンチが抽選で参加者にプレゼントされ、上棟式のセレモニーの後に、本多社長、大工棟梁、当選者が2階から餅まきを行うと詰めかけた人たちは大歓声をあげてお菓子や餅を拾っていました。 
 同社はこの夏祭りで得た収益金を、「東日本大震災への義援金募集」「盲導犬育成のための募金活動」「車いす購入資金援助のためのプルタブの回収」を行い、それぞれ関連施設へ送っています。

(2016年8月22日17:30配信)