newtitle

大場文雄氏と花窪絵画教室合同展

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 山形市在住で、南陽市元中山花窪にアトリエを構える大場文雄氏と、大場氏から指導を受ける花窪絵画教室(代表 大滝由美子さん)の生徒さんたちが、8月18日(木)〜9月4日(日)まで、トヨタカローラ山形(株)米沢店ふれあいギャラリーを会場に『心のあしあと…』と題した絵画展を開催しています。
 講師作品(油絵8点、水彩1点)、生徒作品の水彩画22点の計31点が展示されました。作品は、草花、風景、静物など。大場氏は村山市の春の風景を色彩鮮やかに描き、生徒たちは各自が描きたい素材を決めてデッサンから彩色まで仕上げ、自由な感性で色彩鮮やかな作品となっています。
 大場氏は昭和21年、山形市の生まれで、山形大学教育学部(美術専攻)を卒業、故 真下慶治氏に師事し、平成19年YTS(山形テレビ)のCM制作室を定年退職しました。平成16年、南陽市元中山花窪にアトリエを構え、絵画の制作を行ってきました。現在、花窪絵画教室では6グループ26人が大場氏のもとで学んでいます。
 大場氏は、これまでカローラ山形・銀行・レストランバリンカ(仙台市)等で40年にわたり個展を開催、現在は、県美連会員・尺水会会員、一水会・県美展の出品、入選を果たしています。
 ふれあいギャラリーの展示時間は、09:30〜18:00(最終日は12:00)となっています。

(2016年8月23日10:30配信)