newtitle

ソロプチミスト米沢、普天間かおりコンサート開催

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



「女性と女児の生きる力と可能性を育む」をテーマに活動している国際ソロプチミスト米沢(髙橋千代子会長)は、10月6日(木)、グランドホクヨウで「'16チャリティディナーコンサート」を開催しました。
 はじめに、同コンサートでの収益金を元に、中川勝米沢市長に、市立米沢図書館、米沢市児童会館に対しての認証以来33回目となる児童図書購入費(寄付金)を手渡しました。また児童養護施設米沢市立興望館(河田満之館長)、及び米沢盲導犬を愛する会の佐藤ひろ美会長に寄付金、公益財団法人ソロプチミスト日本財団から社会貢献賞・クラブ賞が特定非営利活動法人「With優」(白石祥和代表)に贈られました。
 中川勝米沢市長は33回目となる国際ソロプチミスト米沢の米沢図書館などに対する寄付に対して、また髙橋会長が同会の活動への市民の理解や協力に対してお礼の言葉を述べました。続いてディナータイムとなり、出席者は秋らしい色彩感豊かなメニューを楽しみました。
 今年のチャリティディナーコンサートには、沖縄県出身でシンガーソングライターとして活躍する普天間かおりさんが出演し、楽しいトークを織り交ぜながら、沖縄の民謡や自身が作詞作曲した曲を披露しました。普天間かおりさんは3.11東日本大震災後に「Smile Again 0311」支援プロジェクトを立ち上げ、避難所でのライブやチャリティーコンサートを続けています。当日のコンサートでは、透明感にあふれる声で元気の出る曲の数々に350人の観客はすっかり魅了された様子でした。

(2016年10月9日19:45配信)